常に自分をポジティブに導くには自己完結すること!

マイナスに捉える思考の癖を取る
ポジティブリードトレーナーの
野間 裕子です。

 

前回、あるクライアントさんの

「友達や同僚に強いライバル心を持って
苦しくなってしまう。
人と比べて辛くなってしまう」

というお悩みをご紹介し、

その心理は
兄弟姉妹へのライバル心から
だという事をお伝えしました。

 

これは向上心にも繋がる思考ですが、
あまり過剰だと辛くなってしまうのです。

では、なぜ辛くなってしまうのか?

 

 

それは
「勝たなければ認めてもらえない」
という強迫観念で
しているから辛くなるのです。

 

多くの人は「人に認めてほしい」
という心理を持っていますが、

これは幼児期の心の名残。

「人に認めてほしい」
「人に褒めてほしい」

という事を求めていると人に左右され、

人次第でグラグラ揺れるような
自信しかつきません。

 

 

ですから、
ここを修正する必要があります!

「自分で自分を認める」

一番自信がつくのは、
自分で自分を認めることなんです。

人に認められるためでなく、
自分の達成感のために努力するのです。

 

スポーツ選手も
記録を塗り替えるため、
トップを獲るため、
自身の成長と達成感のために
努力するのであり、

人に勝つ、認められるのは結果的にです。

 

努力して目標を達成していくたびに
自分で自分を認めれば、
達成感を感じられる上に自信がつきます。

そうしたら人からの評価も
気にならなくなりますし、

能力が上がっていくので
結果的に人からも認められるのです!

良いことづくめですね(^_-)-☆

 

 

ですから「人に認めてもらう」のではなく、

「自分で自分を認める」

自己完結する事がとても大事です。

 

常に自分をポジティブに導く脳を創るには、
自己完結することなのです!

楽しく自分を磨いて
ステップアップしていきましょう☆彡

 

Pocket