「勘違い」から生まれた「いつも失う」という現実を創ってしまった理由

マイナスに捉える思考の癖を取る
ポジティブリードトレーナー
野間 裕子です。
 
 
 

いつも繰り返してしまうこと。

それは思考パターン!

 

結果が用意されたパターンがあり
思考が現実化されるので、
いつも同じ現実を創ってしまうという事です。

 

今日は
「手に入れたものをいつも失ってしまう」
というお悩みを持っていたお客様の
事例をご紹介しますね!

 

 

その方はいつも頑張って手に入れたもの、
築いてきたものを
後から失う事になってしまい、

いつも心の中に
「何で?」
という悔しい思いがあるとの事でした。

 

35eb5c6c87efd580d91c708bfc7635fd_s.jpg

その原因の思考パターンを見てみました。

小さな頃に植物園に行き、
そこで咲いていた綺麗な花を
持って帰ろうとしたとの事。

それを従業員に見つかり、
取り上げられたのです。

戦利品のように思っていて
とても悔しい気持ちで、

その強い思いによって、
「手に入れたものを奪われる」
という思考パターンができたのです。

 

 

しかし!

 

植物園に咲いているものなら
当然、持って帰っちゃいけませんね(^^)

小さな子供の時だったので
それが分からず、
そこらで咲いてる野の花を摘んで
持って帰る感覚だったようです。

 

 

この方がいつも心の中にあった
「何で?」というのは、

 

植物園のものを
持ち帰ろうとしたから。

 

自分が頑張って手に入れたもの、
築いたものなら奪われる事はないのです。

 

コスモス.jpg

 

このマイナス思考のパターンを修正しました。

失うという結果を変えれば、
いつも同じことが繰り返される事がなくなり、
違う結果を得る事ができます。

 

根本的な思考パターンは
子供の頃にできるので、
このような「勘違い」が元の
パターンがたくさんあります。

それで思い通りにならない
人生を創っていては、
勿体ないですね(^^)

 

新しいパターンを創って
新しい人生を切り拓いていきましょう☆彡

 

Pocket