脳の使い方を変えて生産性をアップする!

マイナスに捉える思考の癖を取る
ポジティブリードトレーナーの
野間 裕子です。

 

前回は
「仕事の時はできるけど
家にいる時にできないのは、
使っている脳が違うから」
というお話を書きました。

今回はその続きになります。

 

以前、個人事業主の方たちから受けたご相談。

「どうもブログが書けない」
「本出したいんだけど書くのがはかどらなくて」
「インスタ使った方がいいって分かってるんだけどできなくて」

お家サロン、教室などの個人事業主の方、
これから起業しようという方は、

この脳の使い方が要注意なんです!

 

 

会社員など雇われている時は

組織という枠にはまり、
給料を貰う、
まわりに人がいるという環境なので

理性の脳が働きます。

ですから、
きちんと仕事をするという事ができるんですね。

(脳のベースや経験によって仕事の能力は個人差があります)

 

しかし個人事業主の場合、
その枠がなくなるのです!

人を雇ったりお客様がいる時は
理性の脳が働くかもしれません。

しかしブログやインスタなどは本人次第、
やるもやらないも自由です。

「やった方がいい」というだけ。

強制ではなく”自由”がきく状態になることから
子供の感情脳の方が働きやすくなるんです。

 

ですから、理性では

「これも仕事だからやらなければ!」

と思うのですが、

「面倒くさいな~」
「これやってホントに結果出るの?」
「まだやらなくてもいいか!」

という気持ちが出てきてしまうんですね。

 

 

つまり、

理性が働く脳の割合が多ければ
やるべきことをきちんとでき、
柔軟に変化したり挑戦したり、
楽しく仕事をして結果を出していけます。

 

しかし子供の時から使っている
感情の脳の割合が多いと、

起業してもやるべきことがなかなかできず、
意思だけで無理矢理やって辛くなる、
できない時に罪悪感を持ってしまう、
できないから抜け出せないという
結果が出ない状態になってしまいます。

 

ですから、

どちらの脳を使っている割合が多いかで
仕事の能力・結果・成功を左右する

という事なんです。

 

しかしこのマイナス思考や感情は
修正する事ができますよ!

思考を修正していく事で
脳を発達させる事ができるのです。

 

大人になっても脳は発達します。

脳を発達させて
やるべきことをやる自分へ変化し、
生産性を上げていきましょう☆彡

 

Pocket