疲れやすさの原因とは?体力を下げる思考癖!

マイナスに捉える思考の癖を取る
ポジティブリードトレーナー
野間 裕子です。
 
 
 
 

「疲れやすい」というのは、
多くの方が持っているお悩みの一つ。

 

日々の仕事や家事に育児、

毎日やる事はいっぱい!

 

あまり疲れない身体だったら、
色々な活動ができていいですね(^^)

 

 

では今日は、

「疲れやすさ」の原因についてお話します!

 

 

f0503c14503be4827381e83af4140986_s.jpg

 

 

疲れやすさの原因、

それは、「被害者意識」です。

 

 

被害者意識ってどういう事!?

と思うかもしれませんね(^^)

 

 

 

私たちはもともと
親に何でもしてもらい、
与えてもらう子供の状態から
人生がスタートします。

 

 

そうすると
「やってもらう事が当たり前」
という受け身の姿勢の
”脳の初期設定”ができて
しまったりするのです。

 

しかし大人になれば
自分の事は自分でやり、
欲しいものは自分で
手に入れなくてはいけなくなります。

 

 

 

それは理性の脳ではちゃんと
分かっているので
仕事や家事や育児をするのですが、

 

古い脳の初期設定が昔のままだと、
「何で私がやらなくちゃいけないの?」
「誰かやって!」
という「やらされ感」
働いている事になります。

 

 

ですから自分では気付かない
深い無意識の中で、

「やりたくないのにやらされている」
という感覚を持ったまま
働くので疲れるのです。

 

 

 

 

例えば、あなたが仕事で
疲れ果てて帰ってきた時に
友達から電話があり、

「あなたの好きな芸能人のライブチケットが
1枚余ったから行かない?」

と聞かれたら、
あなたは途端に元気になって
「行く!!」と答えませんか?(^^)

 

自分が好きな事なら
どれだけやってもあまり疲れないですよね!

 

もともとエネルギーはあるのに、
被害者意識によってスイッチが
入っていないのです。

 

 

a08905a9d7ad985b07f4bef94381448a_s.jpg

 

 

疲れやすさで体力がないと
不安が先に立ち、
自信のなさから
チャンスや挑戦を回避してしまいます。

 

 

しかし脳の初期設定は
思考を変える脳の修正法で
変える事ができます!

 

被害者意識をなくして
エネルギー源のスターターに
スイッチを入れましょう☆彡

 

 

Pocket